Grav.Tree~グラツリ

生粋のライフハッカー・すっとんが、あなたの日常をちょっと良くする方法伝授します

MENU

セラミック包丁だってしっかり研げる!研ぎ方と砥石について

こんにちは、すっとんです。
 
筆者は趣味というほどではないものの、なにかを磨いてキレイにすることがとても好きです。
少し前は、河原で拾った石を何時間もかけてヤスリでピカピカに磨き上げて満足したりしていました。
(妻にはキモい、と言われましたが気にしてませんよ、ええ。)
 
そんな筆者ですが、磨くと言えば忘れてはならないのが「包丁研ぎ」でございます。
 
この包丁研ぎ、自宅で使う包丁を研ぐ分にはそこまで知識も必要ないですし、なにより切れ味の悪かった包丁がスパスパと切れるようになる瞬間、すごく気持ちいいので最近ハマっています。
 
がしかし、一点問題なのが、我が家で使用するメイン包丁が「セラミック包丁」であること。
今日はこのあたりから、ご紹介してまいりたいと思います。
 

 

セラミック包丁とは

セラミック包丁とは、よくスーパーやホームセンターなどで売っている白い包丁です。(最近は黒いものもあるそうな)

     

 (画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします。)

 
比較的安価で重量も軽く、サビることも無し、その上セラミック自体が非常に硬い物質であるため切れ味が落ちることはあまりなく、ほとんどメンテナンスフリーな素晴らしい包丁です。
 
唯一のデメリットは、その硬さゆえ実は刃こぼれしやすく、刃こぼれしてしまった場合はふつうの砥石では研ぐことができないという点です。

硬いのに刃こぼれしやすいのはなぜ?

硬いのに刃こぼれしやすいって、意味がわからないですよね。
実はこういった物質には硬さにも色々あります。
 
一般的に『ダイヤモンドが一番硬い』と言われていますが、その硬さの指標はモース硬度と言われるものです。
モース硬度とは、別々の物質同士をガリガリと引っ掻いた時にどちらが傷つくかというもの。(摩擦に着目した硬度)

f:id:sutton5537:20190709193336p:plain

モース硬度

このモース硬度、ダイヤモンドを頂点の10とすると、セラミックは9と言われています。
(製法などにより若干異なることあり)
 
これとは別に、別の物質同士を押し込んだ際の硬さを示す指標もいくつかあります。

f:id:sutton5537:20190709193529p:plain

押し込み硬度
ダイヤモンドやセラミックは引っ掻き方向の硬度が強い反面、物質としての粘り気が少ないため、押し込み方向の硬度は弱いという特性を持っています。
 
これらを鑑みると、セラミック包丁はモノを切るときに刃先が萎える(切れなくなる)ことはあまりないが、他の食器などに間違ってカツン!と少し刃先が当たっただけでも刃こぼれしてしまうような脆さも併せ持っているということになりますね。
 
これが、「硬いのに刃こぼれしやすい」と言われる所以です。

セラミック包丁を研ぐということ

上記のような特性をもったセラミック包丁、冒頭にも書いた通り普通の砥石ではセラミック包丁を研ぐことができません。
なぜなら、大抵の砥石よりもセラミック包丁の方がモース硬度が高いため、削り合いに負けるのは砥石のほうだから。
 
多少研磨することは出来るかもしれませんが、砥石の消耗が激しく時間もかかるため、現実的ではないということですね。
 
”セラミック包丁を研ぐ”というコンセプトの情報はネットに散見されますが、最終的な結論はみな「わざわざ研ぐくらいなら買い直したほうが良い」というものでした。
コスパ的には絶対そうでしょう。
セラミック包丁自体安価ですので、この包丁のためにわざわざ道具を購入し、時間をかけて研磨することを考えれば、答えは明白です。
 
でもね!
そういうことじゃないんですよ!
安価なものをあえて大切に扱い、いかに使いこなすかが面白いところでしょう!?
 
ということで!
筆者はセラミック包丁も研いじゃいますよ~

セラミック包丁を研ぐには?

では実際にセラミック包丁を研ぐためにはどうすれば良いのか?
家庭用のセラミック包丁研ぎ器として、いくつか商品化されているものがあります。
 例えばこれ。

       

 セラミック包丁用の砥石はほとんどなく、”お手軽簡単誰でも出来るシャープナー”という製品形態が非常に多いです。
セラミック包丁を使うユーザー層自体、あまり道具に拘る層ではないとメーカーが考えているんでしょう。
 
実際筆者もコレを使っていた時期がありますし、普通に使える良いモノです。
研ぐのなんか面倒!という方にはぜひおすすめしたい一品です。 
 
・・・まぁこれでもいいんですけどね?
でもこれ、お手軽簡単ゆえ、切れ味の調整がし辛いし・・・なにより楽しくない!
やっぱこう、筆者としてはシュッシュッと砥石で研磨したいわけですよ。
 
そこで購入しました。
「ダイヤモンド砥石」です。

ダイヤモンド砥石

       

筆者が購入したのは、金属プレートの両面にそれぞれ#400、#1000のダイヤモンド粒子がついてるやつです。
 
モース硬度でセラミックに勝るのはダイヤモンドだけですから、ダイヤモンドで研ぐというのはとても合理的です。
 
”ダイヤモンド”って言うくらいだから非常に高価なものを連想してしまいがちですが、筆者が購入したのは千円レンジのもの。
ダイヤモンド自体は、実は少し前から工業用として人工的に作成することが出来るようになったので、特に研磨系の世界では非常にありふれたものになっています。

ダイヤモンド砥石でセラミック包丁を研ぐ!

実際にダイヤモンド砥石でセラミック包丁を研いでいきましょう!
と意気込みながら、ビフォアーアフターの写真を撮り忘れてしまった。。。
 
ということで写真は新たな刃こぼれが出来次第、あらためて包丁研ぎをして撮影します。
 
手順としては、#400(荒い面)でひとまず刃こぼれを直し、#1000(細かい面)で切れ味を取り戻すというもの。
#400、#1000それぞれ15分程度研いで、ひとまず完了です。
 
研ぎ方自体は普通の包丁と変わりませんのでわざわざここで解説はしませんが、ダイヤモンド砥石を使う上で一点だけ注意したいことがあります。
それは、あまり力を入れずに研ぐこと。
 
ダイヤモンド砥石は、金属プレートの上にダイヤモンド粒子を接着しています。
製品によりますが、ダイヤモンド接着層は数ミリ程度です。

f:id:sutton5537:20190709194515p:plain

ダイヤモンド砥石の構造
そして当然ですが、ダイヤモンド自体はモース硬度的にセラミックより優れていても、粒子同士を接着している部分はそれよりも弱いのです。
 
あまり力まかせに研ごうとすると、ダイヤモンド粒子が剥がれることによりあまり研磨できないばかりか、接着面はいとも簡単にボロボロと崩れて砥石がすぐダメになってしまいます。
 

f:id:sutton5537:20190709194745p:plain

ダイヤモンド粒子が剥がれてしまう

あまり力は入れず、気持ち優しめに研ぎましょう。

#1000で仕上げ?

包丁研ぎをご存知の方であれば、「#1000で仕上げ?」ってお思いでしょう。
 
そうです、通常#1000の番手は”中砥石”と言われることが多く、つまりは仕上げ前の中間磨き用砥石として使われることがほとんどなのです。
 
これについてあくまで筆者の感覚ですが、セラミック包丁に関して言えば#1000でも購入当初ぐらいの切れ味を取り戻すことができました。
(正直、購入当初からもともとそれほど切れ味は良くない。。)
 
がしかし、やはりせめて#2000、欲を言えば#6000くらいで仕上げたいですよね。
探しました(というか現在進行形で探しています)、#2000以上のダイヤモンド砥石。
 
これがね、まったくないんですよ。
 
いや、あるにはあるんですが、#1000を超えたあたりからダイヤモンド砥石自体がほとんどなくなり、時々見つけてもなんとまぁバカ高い。
数万円するものもザラなんです。
 
ようやく見つけたのが、貝印さんから出ているこの製品。
番手は#3000ですね。

       

 
一般的に包丁研ぎをする際は、ざっくり荒い番手から細かい番手に倍々していくと良いと言われています。
筆者は現在#400、#1000を所有していますので、#1000の次として#3000は少々細かめですがまぁ良いでしょう。
 
こちらの製品は既に購入済みですので、次に研ぐタイミングを心待ちにしています。
(研いだら更新します。)
 
上記の製品以外だと、こんなものも見つけました。

       

一応製品の謳い文句として「セラミック包丁OK」と記載があるのですが、どうにも怪しい・・・
何が怪しいって、見た目全く同じ製品が「セラミック不可」の砥石として販売されてるし、なんなら製品紹介画像が何枚か同じだったり。。。
かなり胡散臭いですね。
 
番手が#1000と#6000なので、もしセラミック包丁OKなら最終的な仕上げ用砥石として最適なんですけどね。
 
まぁこちらもお手頃価格ですので、人柱として後々購入して試すとしましょう。
(購入して試したら更新します。)

 

まとめ

本日はセラミック包丁の研ぎ方についてご紹介しました。
ご覧いただいた通り、なんともまぁ中途半端な記事になっており恐縮の極みでございます。
 
が、筆者自身が「セラミック包丁の研ぎ方」をネット上で探している中で、まともに研いでいる情報がほとんどなかったことから、ひとまず中間報告的ではありますが本記事の執筆に至った次第です。
 
きっと筆者と同じ悩みを抱えている方は多いはず!(多いか?)
 
ということで、同じくセラミック包丁を研いでいる方などいらっしゃいましたら、オススメの方法などコメントなりお問い合わせフォームでお教えいただけますと助かります。
(内心、本当に困ってますのでよろしくお願いします!)
 
進捗あり次第、随時更新していきますね。
 
ではひとまず今日はこのへんで!