Grav.Tree~グラツリ

生粋のライフハッカー・すっとんが、あなたの日常をちょっと良くする方法伝授します

MENU

折れたプラスチックはこれで補修!「手びねりプラスチック」でおもちゃを直します

こんにちは、すっとんです。

いぜん筆者がご紹介した記事で、こんなものがありました。

www.suttototon.com

上の子のお気に入りであるこの犬のおもちゃ、たびたび足が折れてしまってはあらゆる手をつくして直すということを繰り返していました。

が、この度この破壊と修理の無限ループに終止符をうつべく筆者はとあるアイテムを購入しました。

ご紹介しましょう、「手びねりプラスチック」です。

本日は、この「手びねりプラスチック」でおもちゃを修理していきます。

 

 

 「手びねりプラスチック」とは

手びねりプラスチックとは、「TFabWorks」から販売されている商品で、パーツなどの接着や造形に使用されるものです。

 

簡単に言えば、融点の低いプラスチックということだと思います。

 

ふつうのプラスチックも、火や高温にさらされると溶けるという性質を持ってますよね。
この「手びねりプラスチック」はそんなプラスチックの中でも特に融点が低く、約60℃で柔らかくなり、温度が下がればまた硬化するという性質を持っています。

 

また、温度の加減により何度でも硬化と軟化を繰り返し行えるため、間違った状態で固まってしまってもドライヤーなどで温めればまた柔らかくなり、何度でも形を整えられるという優れモノ。

 

この性質を利用して、プラスチックの補修などはもちろんのこと、粘土のように形作って色を塗るなど、創作作品作りにも適しているようです。

 

60℃という温度、一見すると熱に弱そうに思えますが、人が日常的に使用するシーンで60℃にまで達することで実はそうそうないですよね。

 

ましてや、おもちゃの足に修理する分には全く問題ありません。
この「手びねりプラスチック」を使用して、犬のおもちゃを修理していきましょう!

「手びねりプラスチック」の使い方

ではさっそく、実際に使ってみましょう!

折れたプラスチックを補修!

手びねりプラスチック

折れたプラスチックを補修!

中身

取扱説明書には、容器に必要量を取り出して60℃以上の熱湯をかけると柔らかくなるとのこと。
紙コップに入れて、熱湯を注いでみます。

折れたプラスチックを補修!

白い紙コップなのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、熱湯を注ぐと透明になるのがわかりますか?

透明になったら取り出してOKとのことなので、ヤケドに注意しつつ取り出します。

折れたプラスチックを補修!

おおお!
感触は粘土くらいの硬さでしょうか。
写真右のように、伸ばすと伸びて適度な粘り気もあり、良い感じです。

これで適度な形に整えたうえで、補修や造形をしていくわけですね。

犬のおもちゃを修理してみる

それでは本題、犬のおもちゃを修理していきます。

折れた箇所を露出してくっつけるわけですが、患部は前回瞬間接着剤でとめてしまっていますので、ひとまずルーターを使って接着剤を取り除いていきます。

折れたプラスチックを補修!

患部を露出させ、接着剤を取り除きます

これが完了したら、続いて仮止めとして瞬間接着剤で再度接着しなおし。
前回はここで終了していたのですが、やはり強度不足が否めずすぐ折れてしまいました。

折れたプラスチックを補修!

瞬間接着剤で仮止め

そしていよいよ「手びねりプラスチック」の登場ですね!
先ほどネリネリしておいた「手びねりプラスチック」をちょうどよい大きさ分にサイズ調整し、患部につけていくと…?

折れたプラスチックを補修!

患部につけていくと、少しずつ硬く白くなってくる!

かたちを整えていく間に、少しずつ固くなってきた!
サイズが小さいので、その分冷えるスピードも速く硬化がどんどん進んでいきます。
が、それほど焦ることもなく形を整えて、数分待つともう真っ白!(写真右側)

 

コレ、触った感触はカッチカチで、人の力で取ろうとしても無理なくらいに硬化してました。

5分程度で完全硬化し、硬化後は縦・横の加圧にも十分耐えられそうなレベルまで硬化していました。

今度こそ、この犬のおもちゃは完全完治です!

おまけ

実は溶かした分がだいぶ余ってしまったので、適当に作りました。
スライムです。(まだ硬化しきっていないので半透明)

折れたプラスチックを補修!

スライム

専用の染料で染めることで、色調整も思うがままのようですよ!

まとめ

本日は、「手びねりプラスチック」を用いたおもちゃの修理工程についてご紹介しました。

コレですよ、コレ!
筆者が望んでいたリペアツールです。
熱に少し弱い(と言っても60℃以下)という特性を知った上での利用であれば、こういった修理には非常にもってこいではないでしょうか。

 

造形にもうってつけなので、このような創作が好きな方や、子どもとの製作遊びにもぴったりなものだと思います。

 

「手びねりプラスチック」自体はすぐ冷めるので熱さはほとんど感じませんが、熱湯を扱う際にはヤケドなど十分に気を付けてくださいね。

では今日はこのへんで!