Grav.Tree~グラツリ

生粋のライフハッカー・すっとんが、あなたの日常をちょっと良くする方法伝授します

MENU

仕事に不安や焦りを感じる時、解決するためのステップ

f:id:sutton5537:20190129184257p:plain

こんにちは、すっとんです。
 
出所のわからない、どうしようもない不安や焦りに襲われたことはありませんか?
やらなければならないことがあるのに手が出せず、何もせずに一日が終わってしまう。
理想の自分を思い描くとすれば、その1割~2割程度しか進まないという状況です。
 
ここ数カ月、筆者は仕事に対してそんな状況でした。
日によって、また時間によってまちまちではありますが、どうにも苦しみました。
心療内科に行けば、おそらくなんらかの診断名がついたのではないかと思います。
 
さてそんな筆者ですが、実はこの現象を克服することが出来ました!
本日は、この克服方法についてご紹介してまいりたいと思います。
 

 

不安や焦りの原因

f:id:sutton5537:20190129184422j:plain

不安や焦り、その原因はなんでしょうか。
 
仕事を例に考えてみます。
 
・仕事を進めないとスケジュールが遅れる?
 ⇒それもあるでしょう。
・同僚との出世レース?
 ⇒それもあるでしょう。
・目の前にある仕事が片付けられないから?
 ⇒それもありますね。
 
しかしその根本にある原因は、自分自身です。
正確に言うと、「理想の自分」と「現実の自分」とのギャップです。
 
「スケジュール通り完璧にこなす理想の自分」に対し、現実の自分はギリギリもギリギリ。
「同僚を華麗に追い抜き出世コースまっしぐらな理想の自分」に対し、現実の自分は同僚の後を追いかける状態。
 
「理想の自分」と「現実の自分」のギャップが焦りを生み出し、その焦りが不安を呼び、不安が焦りを呼ぶ・・・。
堂々巡りどころか、不安と焦りは互いが互いを呼びあい増幅していくばかりです。
 
不安と焦りばかりが先行し、仕事は全く捗らず、それがさらなる不安と焦りを呼び起こすのです。

不安と焦りの無限ループから抜け出そう!

f:id:sutton5537:20190129184616j:plain

この不安と焦りの無限ループから抜け出すには、いくつかの”気付きのステップ”が必要です。

気付きのステップ①

不安や焦りを感じている人は、往々にして「自分はやる気がない、やる気を出さねば」という心理状態になりがちです。
 
ですが、これは大きな間違いです。
 
不安や焦りを感じている人が、無理にやる気を引き出そうとするとさらなる「理想の自分」とのギャップを突き付けられてしまうからです。
このギャップが大きくなればなるほど、さらなる不安と焦りが襲いかかります。
 
ではどうすれば良いのか?
こんな時必要なのは、「冷静さ」です。
 
一度立ち止まって、冷静な頭で整理してみましょう。
不安や焦りの根源から一度しっかり離れるのです。
例えば仕事であれば、有給をとってひとりになり、一日ゆっくりしてみても良いかもしれません。
これが、さらなる”気付き”を生んでくれます。

気付きのステップ②

一度立ち止まって冷静な頭になった時考えてほしいのが、「理想の自分」です。
結論から言えば、「理想の自分」のレベルを「現実の自分」まで下げてください
今のあなたは、どう考えても「理想の自分」とはかけ離れていています。
そのギャップはあまりにも大きく、到底追いつけるものではないことに気付いてください。
 
冷静な頭で、「理想の自分」と「現実の自分」のギャップを限りなくゼロにしていくのです。

気付きのステップ③

この時点で、当初感じていた焦りや不安はほとんど消失しているはずです。
ですが、ただただ「理想の自分」のレベルを下げただけでは向上心が全くなく、それが別の不安や焦りを生じさせてしまいそうです。
この時意識してほしい考え方は、「現在の自分を底上げしていく」という考え方です。
 
スケジュールについて上司から小言を言われるかもしれません、
同僚が先に出世コースに乗ってしまうかもしれません。
ですが、人は人、自分は自分として線引きをして割り切ることで、逆に能率が上がるということに気付くのです。
 
仕事は仕事として「現実の自分」が出来る範囲で行い、能力向上の訓練とは完全に切り離してください。
能力向上したい人は、仕事とは全く別の時間・領域で本を読んだり、トレーニングなどを行うのです。

気付きのステップ④

さて、ここまでくればあなたはもはや別人と言っても過言ではないでしょう。
冷静な頭を持って仕事を俯瞰してみてください。
今、目の前にある仕事を「現実の自分」が淡々とこなしていくのです。
そこにはもはや「理想の自分」などおらず、焦りも不安もありません。
 
ここまで到達できれば、あなたはもう大丈夫です。

まとめ

本日は、筆者が実際に「仕事に対する不安や焦り」を克服するまでの経過をリアルに書いた体験談に近い内容になりました。
実際結構悩みましたし、心療内科に行こうと思ったほどでした。
「仕事 やる気が出ない」なんて検索したことも数知れず(笑)
 
そんな中でいくつかのサイトに当たって目にした一言
「仕事なんて、やる気が出なくて当たり前」
という言葉で冷静な頭に立ち返ることが出来ました。
 
同じような思いをしている人の手助けとなりますように。
 
もしこれ以外にも、「不安で何も手につかない!」なんて思いがある方は、下記の記事も是非参考にしてみてください。
 
では今日はこのへんで!