Grav.Tree~グラツリ

生粋のライフハッカー・すっとんが、あなたの日常をちょっと良くする方法伝授します

MENU

「意志力」とは?意志力を鍛えて最高な一日を過ごそう!

f:id:sutton5537:20190110185846p:plain

 
いざ仕事に取り掛かろうとしたとき、
  • やる気が出ない
  • いっそ何もしたくない
そんな時ありませんか?
 
これは精神的に「やる気」のようなものが枯渇することに起因するものですが、ライフハッカー界では意志力(Will Power)なんて言われたりします。
 
本日はこの意志力についてご紹介するとともに、超オススメトレーニング方法を公開しちゃいます!
ではではいってまいりましょう!
 

意志力とは

意志力とは、ちょっとお堅い言い方をすれば、
意志、つまり人がなんらかの判断や決定、我慢をする際に消費する精神的なエネルギーのことです。
非常にざっくり言えば、頭を使ってなにかをしようとすれば必ず消費するものと考えて良いと思います。
 
この意志力、精神的なモノで数値化できず目にも見えない力なので軽視されがちですが、確かに存在するのです。
使えば減るし、底を尽けば何も出来ません。
人は生きる上で、常にこの意志力を消耗しながら生活しています。
 
サラリーマンも主婦も在宅ワーカーも、起きてる間の大半をなんらかの仕事をしていますよね。
仕事の生産性を高めるには、いかにこの意志力を効率よく使うかにかかっているわけです。
 

意志力を消費するもの

行動

意志力を消費してしまう行動には、例えばどんなものがあるでしょう。
先に述べた通り、意志力とはなんらかの判断や決定をする際に消費されるものです。
例えば、
  • 朝起きて着替える際に、どの服を着ていこうか考える&決める
  • 朝ごはんに何を食べるか考える&決める
  • 天候により通勤手段を変えるかどうか判断する&決める
  • なにかを覚えておこうとする
などです。
 
かの有名な故・スティーブジョブズは、毎日同じ服(同じ服を何枚も持っていた)を着ていました。
これは、毎朝の服選びによる意志力消費を徹底的に下げる狙いがあったと言われています。
そんなことで?
と思われるかもしれませんが、昨今あらゆる事柄について多様化が進んだ現代日本では、毎日知らず知らずのうちにたくさんの意志力を消耗しているんです。
 

環境

この意志力、実は自身の判断や決定だけでなく周囲の環境によっても消耗します。
それは例えば、
  • 家庭環境が険悪
  • 職場環境が険悪
  • 人に怒られる、又は喧嘩するなど
です。
 
平たく言えば、我慢などのマイナス感情ですね。
先日紹介した「勉強の教え方ってどうやるの?~褒めて伸ばすvs叱って伸ばす」でお話した、心理的リアクタンスが良い例です。

意志力を回復させる方法

ではこの意志力、一度消耗してしまったら戻ることはないのか?というとそんなことはありません。
最も回復するのは「睡眠」です。
 
睡眠は超重要で、精神的なリセットは全て睡眠で行われると言っても過言ではありません。
 
また、プラスの感情も意志力を回復するのに一役買ってくれます。
嬉しい、楽しいなど、プラスの感情は意志力を回復させてやる気をみなぎらせます。
 
少し脳科学的なお話で言えば、
甘いモノやカフェインは脳に直接作用するため、一時的な意志力回復には有効かもしれません。
ただし、多量摂取は健康を著しく損ないますので要注意です。
 

意志力を効率よく使う方法

さて、1つ前で意志力を回復させる方法をご紹介させていただきましたが、実はあまりコレには頼れません。
だって、睡眠は基本夜だけ、もしくはせいぜい昼休みに15分程度昼寝できるかどうかでしょ?
嬉しい楽しいイベントが毎日あればいいけど、日々仕事をする中でそんな都合の良いイベントがあるわけではないですよね。
甘いモノやカフェインをたくさん摂取すると、別の弊害が出てしまうのでNGですし。
 
つまり、意志力に関して言えば一日のうちにしっかり全回復できることはそうそうなく、あまり期待はできないのです。
 
今持っている全ての意志力をいかに効率よく使うか、そこを考えたほうが無難と思っています。
 
では、どうすればこの意志力を効率よく使えるのでしょうか。
実際に筆者が実践している方法をご紹介していきます。
 

①朝食は前日の夜に決める

筆者は、家では毎日朝食担当です。
簡単な軽食程度のものですが、子ども達の分まで作って食べさせてます。
しかし、毎朝起床してからメニューを決めるのでは意志力が消耗してしまいます。
・・・というか、前日にはざっくりメニューを決めておかないとご飯を炊いたり食パンを買い足したりなどが出来ないってのもあるんですが笑
 
前日に決めてしまって、なんなら下準備まで済ませておくだけで起床時の精神的負担はかなり少なくなります。
 

②着ていくものは前日の夜に決める

これも朝食と同様ですね。
前日の夜に着ていくものを決めて出しておけば、当日の朝は服に気を遣う必要はありません。
ジョブズのように毎日同じ服を着る勇気はありませんが、この方法でも意志力は消耗せずに済むでしょう。
 

③ルール化できるものは全てルール化する

意志力を消耗させるかどうかは、簡単に言えば頭を使って考えるかどうかにかかっています。
天候により通勤方法を変える場合や、ゴミ捨てをするか否かなど、判断に迷うようなことがあれば事前に全てルール化して迷う要素を削ってしまいましょう。
 

④不必要な記憶は、デバイスに頼る

勉強などで記憶に残す必要がある場合は別ですが、一度実行してしまえば用のない「頼まれ事」などのタスクは、記憶するだけ無駄なことがほとんどです。
ここでも頭を使って意志力を消耗するより、積極的にスマホのメモやリマインダを利用しましょう。
記憶することから解放されるって、想像以上に爽快な世界ですよ!
 

⑤環境を健全なものにする努力を惜しまない

先に申し上げた通り、環境による精神的な悪影響は意志力を勝手に消耗してしまいます。
これは残念ながら環境そのものを改善するしかなく、従ってそのための努力は惜しまないようにするべきです。
ただし、自身の考え方を変えることで辛い環境を「自身を鍛えてくれる環境」に変えるなどの転換はできます。
 

意志力は鍛えられる!

最後にご紹介したいのが、意志力のトレーニング方法です。
意志力は、筋トレと同様トレーニングにより鍛えることが可能です。
もちろん日々の行動をあえて「考えて行動する」ことによる鍛え方も可能ですが、それでは本当に必要な場面で意志力が枯渇してしまう恐れもありあまりオススメできません。
 
実際に筆者が実践しているトレーニング方法は、
夜もふけてさぁ寝るかというタイミングで「明日の予定」や「休日の過ごし方」について思考を巡らせることです。
なるべく楽しくワクワクするような予定や過ごし方をなるべく細かく考え、決定してください。
 
この方法、実は一石三鳥な方法なトレーニング方法です。
一石三鳥な理由は下記の通り。
  1. 思考を巡らせ決定することで、意志力を鍛えられる
  2. あらかじめ予定を決められるので、当日に無駄な意志力を消費しないで済む
  3. なるべく楽しくなる予定を組むことで、明日や休日への活力が湧く
 
これ、如何でしょうか?
 

まとめ

本日は「意志力」についてご紹介しました。
例えば大企業の社長さんって、椅子にふんぞり返って部下にあれこれ指示出しだけする楽なお仕事という認識ですが(筆者だけでしょうか?笑)、実は数々の決定や判断を瞬時に行うため、相当量の意志力を消費するハンパない猛者なわけです。
伊達に社長やってませんよね。
 
みなさんも意志力を鍛えて最高な一日を過ごしましょう!
 
「意志力」について、筆者が読んでいるサイトです。
こちらも勉強になるので是非見てみてください!