リーマン全力日常日記

生粋のライフハッカー・すっとんが、あなたの日常をちょっと良くする方法伝授します

MENU

携帯電話の通信障害、こんな時に備えてやっておくべき3つのこと

【スポンサーリンク】

f:id:sutton5537:20181207235112p:plain

こんにちは、すっとんです。
昨日、ソフトバンク系の回線が4時間以上も通信不能となる大規模障害が発生しました。

www.suttototon.com

通信障害に見舞われてしまった方、相当大変だったと思います。
お疲れ様でございました。

かくいうすっとんは、プライベートはdocomo回線でしたのでひとまず大事には至らず。
しかしながら、会社のスマホはdocomo系、ソフトバンク系で2系統あったためソフトバンク系統を使用しているメンバーと通話ができず、非常に手間となりました。

佐川急便などは、そのシステムをソフトバンク系統の回線に委ねていたため一時業務が停止したそうですね。

いやはや本当に大変な騒ぎとなってしまいました。

あらためて、現在の日本において携帯電話は水や電気、ガスに次ぐライフラインとなったことを痛感した日となりました。

さて、そんな携帯電話。
今回はソフトバンク系統の回線が障害を受けてしまいましたが、潜在的にはどの系統の回線が障害発生してもおかしくはありません。

もし自分が使用している携帯電話が突然圏外になってしまったら、あなたならどうしますか?

こんな”もしもの時”に備えて、対策を考えてみました。

もしもの時の備え① フリーWiFiスポットの場所を把握する

携帯電話の回線が障害を受けても、インターネット回線は問題なく使用できる場合がほとんどです。
そんな時、WiFiが使用できればひとまずメールやSNSで連絡が取れますし、ニュース等で情報収集できますよね。

特にここ数年、東京オリンピック見据えて国内のフリーWiFiスポットが急速に普及してきています。

フリーWiFiスポットとは、その名の通りパスワード等を必要とせず誰でも使用可能なWiFi電波が飛んでいるエリアの総称です。
主に駅やコンビニ周辺にフリーWiFiスポットがある場合が多いですね。
自宅近所や最寄り駅付近、会社の近くなど、よく使用する場所でフリーWiFiスポットがある場所をあらかじめ確認しておきましょう。
全てではありませんが、このサイトでいくつか確認できるようです。
要チェック!!

prebell.so-net.ne.jp

注意点として、これはすっとんの個人的な印象ですが、フリーWiFiスポットはただでさえ回線速度が遅めなことに加え、今回のような障害が発生した場合アクセスが集中して、ひょっとするとまともに使用できる状態にないかもしれません。
あらかじめいくつかのスポットを覚えておき、混雑しているようであれば他所にうつるなどができるようにしておくことが得策でしょう。

もしもの時の備え② 別系統のSIMを持っておく

ちょっと荒業ですが、別系統のSIM回線を準備しておくと確実性は上がります。
もう1つ契約するってこと?高いよ!
ですって?
モノは探しようです。

例えば有名なのは、nuro mobileさんが出している「0 SIM」(ゼロ シム)です。

mobile.nuro.jp


なにがゼロか?
金額がゼロ円なんです!

正確には、1か月あたりの使用量が500MBまでであれば基本料も使用料も一切かからず、正真正銘ゼロ円!(データ通信専用契約の場合)

このSIM、すっとんも持っています。
古いスマホに刺して、いつでも使用できるようにしてありますよ!
まぁすっとんの場合、同じDocomo系統の回線なので通信障害時の対策にはなり得ませんが・・・

au、ソフトバンク系統をご使用の方にはおすすめできる方法だと思います。

もしもの時の備え③ 固定電話の場所を把握しておく

最近めっきり減ってしまった公衆電話ですが、、、
今回、大活躍したそうですよ!
主要な駅前などの公衆電話では、長蛇の列が出来上がったそうです。

ただでさえ駅前という人が集まりやすい場所ですので、こんな時に列が出来上がってしまうのは当然と言えば当然かもしれません。
そんな時、穴場とも言える、ちょっと人通りから外れた場所に公衆電話があったら?
並ばずに使えるかもしれませんよね!

なんとなんと、公衆電話を検索するサイトもありましたので共有しておきます!

service.geospace.jp

このサイトを利用して、あらかじめいくつかピックアップしておくことをおすすめします。

まとめ

以上です。
本日は、携帯電話の回線が障害を受けてしまった際に備えておくべきことについてご紹介しました。

探せば色々あるものですね!笑

例え圏外になてしまったとしても、慌てず騒がず冷静に対応できるよう、常日頃から備えておきましょう。

 

では今日はこのへんで!